ポルシェターボ RSR934 製作!!タミヤのクオリティの高さは圧巻です【最終回】



ついに完成したポルシェターボ RSR934!!!ポリカーボーネットで再現したポルシェ。こうしてみるとあらためてタミヤ模型のクオリティの高さを感じます。LEDも付属で最高です。



せっかくのスケールモデルもボディポストがながかったらかっこわるいのでABC HOBBYの先っちょカッターでカットしました。現在は市場に物が無いようで絶版になってしまったのかな?

のんびりと作り進めていったのでずいぶん長い間楽しめました!ご高覧いただきありがとうございました。

*



ポルシェターボ RSR934 製作!!最後の最後面倒ですがこだわってみました



マニュアルを読むと樹脂製のウイングにも塗装してくださいとの説明が。面倒ですがここまできたらやりましょう!

しかもウイングのブラック艶ありと艶なしに塗り分けてとのオーダー。ここにきてそう来たか…さすがポルシェ。



なんとかできました。次回ポルシェ製作記最終回です。


ポルシェターボ RSR934 製作!!ようやくできたあの儀式



塗装も無事終わりまして、ボディを作ったことのある方ならわかるであろう、あの素晴らしい瞬間を迎えました。

はい、このフィルムをむく瞬間はいつもたまりません。労力が報われるような気がしますね。



ちなみに僕は一番最初に作ったタミヤ製ボディ、BNR32GT-Rはフィルムがついているとは知らずそのままステッカーを貼ってしまい、サーキットで指摘していただいてアフターでステッカーを取り寄せ再度貼り付けたという思い出があります。


ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディの塗装4



一通り塗り終わりましたがここであせってマスキングテープを剥がしたらダメ。過去何度も失敗しております。

気長に乾かします


ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディの塗装3



コツとしては薄く塗って乾かすを繰り返す。薄く塗ればドライヤーの風をあてると一瞬で乾きます。



途中ブラックが切れてしまいましたが、奇跡的に予備がありました!!過去の自分ナイス。


ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディの塗装2



夜間でもボディをさくさく塗り進めるために必要なものはズバリドライヤーと電源。

以前、風呂場で換気扇をつけてスプレーしたことがあるのですが、匂いがきつく人間の体に悪影響この上なさそうなので、必ず外でやります。

外に電源がないので延長コード 20m 屋外用を購入しました。これはホームセンターで3000円くらいで買いました。


ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディの塗装1



色をつけるまえに今回はちゃんとクリアーを吹きます。クリヤーを吹くメリットはマスキングの精度を上げることと、塗料の喰いつきをよくすることだと認識しております。


ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディのマスキング4



マスキング完成です。夜間でもある物を用意すればサクサク塗りすすめられます。


ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディのマスキング3



ヘッドライトが一番の難所でしたね。万が一、マスキングが甘くはみ出してもタミヤのプレペイントクリーナー(ポリカーボネート用)で修正できるので安心です。


ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディのマスキング2



マスキングテープの台紙の一部をカットすると位置決めしやすいですよ。



にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事





コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM