2014タミグラ五反田全日本選手権

先日五反田TOCで行われたタミグラ全日本東京大会参加してきました。
TRF417X
今年はタミグラの開催が少なく、待ち焦がれたタミグラファンが多く集まりました。
参加クラスはGPX-GT。ジャイロOKの10.5Tモーターギヤ比6.5以上指定のクラスです。

■練習走行
マシンはTRF417X。ボディはフェラーリ458。
ジャイロを搭載しての走り出しはグリップが希薄と言われる中、リアが滑り出すことはありません。
しかしグリップが希薄なせいか、はたまたジャイロが効きすぎているせいか曲がりません。

2014タミグラ五反田全日本選手権
インフィールドが狭くタイトなコーナーをクリアしてくためには曲げてゆかねばなりません。

Mシャーシクラスも盛り上がってました!


■予選1
フロントのスプリングをミディアムから少し柔らかいゴールドに変え、ジャイロの値をAVCSモードの25%位に落とします。タイヤは曲げるためにCのインナーソフトをチョイス。しかし練習走行とほぼ変わらない感触。曲がり待ちが発生してタイム伸びず10周を2.05.215。27人中19位。

■予選2
セットを大幅に変えます。フロントをスプールから10万番のギヤデフに、アッパーアーム付け根のスペーサーを抜いてタイヤのグリップ力に頼るセットにしてコーナースピードの上昇を目論見ます。
オイルを500番にしフロントスプリングをミディアムに戻しました。タイヤもCのミディアムに。予選1よりだいぶましになり、少しタイムアップ。11周を2.08.245。決勝はBメイン5位からのスタートです。

■決勝
ジャイロを10%にさらに下げます。路面のグリップも上がってきたのか、コーナーリングスピードもいい感じになりました。ひとつ順位を上げてBメイン4位でフィニッシュ。

■総括
バッテリーの充電ができないのでストレートでの差がどれほどつくのか心配でしたがそれほど差はつかずやはりインフィールドのコーナーが肝となりましたね。値を下げていくほど好感触の曲がり方になりましたのでカーペットでのツーリングではジャイロは不要かもしれません。RCのレースではいつもとても緊張するのですが今回初めてそれほど緊張せずに一日過ごせました。結果は伴いませんでしたが、自分としてはうれしい進歩です。今回も一日とても楽しく過ごせました。ありがとうございました!
*



TRF417Xタミグラ練習@谷田部アリーナ

タミグラ全日本五反田の日が近づいて来たので谷田部アリーナに練習に行ってきました。
フェラーリ458

出場予定クラスはGPX-GT。マシンはTRF417Xで挑みます。

タミグラを想定してタイヤはCタイヤでグリップ剤は使わずに走らせます。
走り出しは快調ですが、5分も走行すると急激にグリップを失います。

何がおこったのかマシンを回収してチェックしてみると
タイヤにグリップ剤のカスとカーペットの糸が激しく絡みついています。

谷田部指定タイヤのSOREX28でグリップ剤を使用して走っているとこういう状態にはならなかったのですが
そういえばタミチャレタイヤなども同じような感じになると聞きました。

グリップ剤なしがいけないのか、それともタミヤのタイヤだとこうなるのか
谷田部の指定グリップ剤が新しく追加されたのでそれが原因か、特定はできていませんがこれはやっかい。

というのもクリーナーで拭いてもなかなかこのカスはとれず、サンダーをかけないときれいになりません。
やはり谷田部はヨコモ車で指定タイヤで走るのが気持ちがよいです。

そういえばTB04のカーボンロアデッキが発売されましたね。
評判は上々のようです。


タイヤに悩みながらもTRF417Xのセッティングをすることができました。
タイヤのグリップに頼るセッティングよりも、面圧をかけて曲がる方が運転は楽で、
若干コーナーリングスピードが速い気がしたのでとりあえずそれでいきます。

TRF417Xは一時モデファイ仕様とかにしていましたが、今後は指定が解かれるまでは
タミグラ専用マシンにしようかと思っています。

久しぶりのタミグラ。週末が楽しみです!

袖ヶ浦スタジアム

千葉の湖に家族でピクニックに行く途中。
なんとラジコンサーキットに出くわしました!
袖ヶ浦スタジアム

いつか娘とも一緒にラジコンしたいです。マシンはTT02かな。


どうやらここが有名な袖ヶ浦スタジアム。
ちょうどレースをやっていましたが、皆さん速い!
路面はアスファルトで少しバンピーですかね。
参加している方に教えていただいたんですが、レースは指定のタイヤで
グリップ剤はOK!マイティの黄色がよいとのこと。

袖スタ風景
それにしてもローケションが最高!空気もいい!

袖スタオフロードサーキット
オフロードサーキットやドリフト用のコースもあるようです。

導かれるようにして訪れた袖スタ。
次回はぜひマシンを持っていきたいです。

谷田部アリーナラウンドレース

谷田部アリーナで行われたラウンドレースに参加してきました。
クラスはツーリング17.5T。

BD7
17.5Tのレースは3回目でマシンについては勝手が少しづつわかってきました。

ですが走らせ方は試行錯誤。
もうワンランク上の走りを求めて視点を変えてみることにしました。
速く走らせるには、車より少し前方を見た方が良いとの情報をきいたことがあるので
試してみましたが、全然ラインが定まらず結果的に魚雷寸前の動きに・・・練習で試すべきでした。

それよりもトップ集団の車のラインを見ているとじつにきれい。
なるべく直線を増やして加速している感じが見受けられました。
予選3ラウンド目、いつもどおりの視点でラインを意識して走ると、今までより2周多く回れ
15秒台をきれなかったベストラップも14秒台前半に。
やはりラインですな。視点はにわか仕込みではなく練習が必要のようです。

谷田部アリーナラウンドレース

結果はDメイン3位でしたが少し速さが出てきたので満足です。
それにしてもAメインのトップグループの走りはうっとりするほどかっこよく速い!
あんな走りができたらもっと楽しいだろうなと感じつつ帰宅の途につきました。

TA06@スタジアム1

久々に埼玉県の北戸田にあるサーキット、イエローサブマリン スタジアム1に行ってきました。
TA06

今回は特殊アスファルト路面なので、TA06の出動です。
基本的にカーペット以外では傷がつくのでカーボンシャーシは
走らせないというとてもぬるい主義であります。

巷で話題のTB EVO.6。シャフトマシンが活躍しているようですが当方ベルトで頑張ります。


タミグラ仕様のマシンだったんですが、ついてそうそうリフェ用のコネクタがないことに気づき焦りましたが、
ショップが併設されているので、300円ほどでコネクタをゲット。在庫残数が1個だったので危なかったです。

超ハイグリップで有名なこのサーキットはカーペットに慣れた私には、なかなか手強い感じでしたが
最終的にはそこそこ走るようにセットが出せました。

TA06 セッティングシート
そこそこですので、参考程度にどうぞ。
次回はカーボン混入ロアデッキも試したいところです。


セルマスターダブルアクセルが入荷間近のようです

注目していたマッチモアの新型充電器セルマスターダブルアクセルの入荷が近いようです。
http://muchmore08.cafe24.com/tc/mrblog/entry/セルマスターダブルアクセル

セルマスターダブルアクセル ブラック

セルマスターダブルアクセル ブルー

こちらも2系統の充電可能なYZ-114DUO バランサー内蔵 高性能急速充放電器(DC12V用)
近々配線なしでドッキングできる安定化電源も発売されるとか。充電器マニアは要チェックですね!


コンパクトなボディーながら2系統の充電が可能のセルマスターダブルアクセルは期待大ですね。
詳細スペックは下記のようです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
ベストセラー充電器セルマスターと同じサイズのコンパクトな筐体に2系統の充放電回路を備えた
「セルマスターダブルアクセル」が発売になります。最大10Aの充電電流で2本同時に充電が可能で、
ボタンは埃に強い高感度タッチボタンを採用しています。反応速度も速いのでストレス無く操作できます。
本体側面に接続するバランスコネクターは、JST-XHタイプの他にタミヤ製Li-Feバッテリー用の
バランスコネクターも標準で装備しています。

充電メニューには、基本的なモードとなるノーマールモードの他に充電終了電圧を調整できる
CEVモードを装備しています。レギュレーションで定められている上限電圧まで余裕がある場合は、
CEVモードで調整することでバッテリーのパワーを最大限に発揮させることができます。

スペック
サイズ:129×115×49mm
重量:520g
入力電圧:DC11.0〜15.0V
出力:充電時:100W×2・放電時10W×2
充電電流:0.1〜10.0A×2
放電電流:0.1〜2.0A×2
NiCd/NiMh充電可能セル数:1〜17Cells
LiPo/LiFe充電可能セル数:1〜6Cells
Pbバッテリー充電可能電圧:6.0〜24.0V
ボタン:6ボタン/高感度タッチボタン
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

yokomoグランプリ

初めて谷田部アリーナで開催されているヨコモグランプリに参加してきました。
セルマスターレジェンド
参加クラスはツーリング。
ギヤ比が3.0以上で17.5Tノンブースト規定です。

ヨコモグランプリ
初めての参加で情報がなく、モーターの仕様をなやみましたが、
上位の方はとりおんのM2の13mmローターを使用されていたとのこと。


参加者は少なめでしたが、YRSクラスが一番盛り上がってました!

リザルト
結果はBメインの4位でしたが、最後はバトルすることができて楽しめました。
備忘録として、グリップ剤は塗ってから10分くらい放置して液体がなくなった状態で
ウォーマーをかけるとグリップが上がるような気がします。
バッテリーの充電は直前までしてるとパンチが全然違いますね。
ピタリとレース時間に合わせるのは難しいですけど、レース直前に充電アンペアが下がってきたら
そこでやめちゃってもいいと思います。放置時間が長いとパワーが下がるような気がしました。

ヨコモグランプリ記念写真
お土産に記念写真をもらいました。機会があればまた参加したいです!ありがとうございました。

ラジコン断捨離

今回は一気に多数のアイテムを引き取っていただきました。
TA05 IFS
デザイン的に美しい車体のTA05を始め、M03、TRF501X、TT01、未塗装のボディ多数、TA01(?)、
グラスホッパー供▲泪奪船皀AC/DCハイブリッド充電器、京商ピットバッグL、F101(?)、F104W(未組立)
M06、futaba 3PMプロポセット等を引き取っていただきました。

ラジコンはかさばるので、実家に置かせてもらっていたのですが
片づけとは「人生に片をつける」という文に感動!下記の本を読んで一念発起!


手放すまではなかなか踏ん切りがつかないかんじでしたが、
思い切って手放したら部屋も心も予想以上にスッキリ!です。


谷田部アリーナ 人工芝オフロード サーキット

谷田部アリーナの人工芝オフロードサーキットを見学してきました。
谷田部アリーナ 人工芝オフロードサーキット
見た目的にもきれいな感じでGOODですね!実際はまったく車が汚れないわけではなさそうです。
芝のカスがつくようですがコンプレッサーでひと吹きすればすぐきれいになるんじゃないでしょうか。
実に興味深いです!






JMRCA ツーリングスポーツクラス一次予選

2014年4月29日谷田部アリーナで開催されたJMRCAツーリングスポーツクラス一次予選に参加してきました。
BD7 2014
無謀にもモデファイクラスにもTRF417Xでダブルエントリー。
TRF417Xに日の目を見せてやることができました!?スポーツクラスはBD7です。

それにしてもダブルエントリーは予想以上に忙しく、経験もゼロに等しいので
レース前はてんやわんや。練習走行もしなくてはならないしプリマウントされたコントロールタイヤ
も2セット貼らなくてはなりません。忙しさと焦る気持ちから瞬間接着剤を流す手が震えること。
とてもお見せすることができないくらい汚く貼れました。そしてピットもぐちゃぐちゃで
上記の写真は1時間半くらいある昼休みに落ち着いて片づけてから撮影しました。


谷田部アリーナ 新オンロードグランプリコース

オープンしたばかりの新オンロードグランプリコースは旧グランプリコースより若干広いと思います。
コース幅が広く記念受験的にエントリーしたモデファイクラスの方が楽しく走れたような気がします。

谷田部新サーキット
結果はDメインの中ほど。レベルが高く出直してきますという感じでしたが得るものはありました。
モーターをとりおんのM2 14mmローターをチョイスしたんですが、ギヤ比を2.9あたりに設定したところ
まだ甘いとのご指摘をいただきました。もう一声追い込んだ2.6辺りが良いようです。
あとは走らせ方。失速したらアウト!失速しないラインどりが重要とのことでわたくしのレベルでは難儀でした!

総括としてはTC2グリップ剤とタイヤウォーマーのおかげで新しいカーペットでしたが序盤からそこそこの
グリップは稼げましたね。あとレースはレベルが高いだけあってとてもクリーンでした。
少しコーナーを膨らませればいとも簡単に抜いていってもらえるので、楽で意外と緊張しません。
勝ち負けにまったく影響しないポジションでしたので、まるで走行会に参加してるような心地よさ。
こんなところでRCの楽しさを再発見してしまいました!

今回は参加者が40名程度で全員2次予選に進めたんですが、お邪魔になってはいけないと思い辞退しました。
腕を磨いていつか再チャレンジしたいです!


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事



コメントやご質問等はfacebookで受付中です!



RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM


くまのつりぐ

35GT-R.net