キャスター角

フロントタイヤを支えるキングピンが傾き角度をキャスター角といい、
この角度が大きくなるとマシンの直進性は高まるが、ステアリングを
切った際のマシンの反応は穏やかになる。

キャスター角が極端に大きくなるとグリップ力が低下するといった悪影響がでる。
キャスター角は車体の前後で車高が異なる場合には、それに応じて変化する。

※セッティングカテゴリーの記事は自分用のメモのようなものなのであしからず。

JUGEMテーマ:電動RCカー


*



キャンバー角

車を正面から見て路面とホイール面が垂直のときキャンバー角は0度
「ハの字」方向に角度がついている状態をネガティブキャンバー。
「逆ハの字」方向に角度がついている状態をポジティブキャンバー。

フロントのキャンバー角をネガティブ方向に増やしていくとステアリングの
初期反応は鈍くなりコーナーリング中のグリップ感は増加する傾向にある。
またキャンバー角を0度に近づけていくとステアリングの初期反応は鋭くなり
タイヤのショルダーが引っかかってグリップするようなフィーリングになります。

リアのキャンバー角をネガティブ方向に増やしていくと、グリップの限界は
低下していくがリアの滑り出しは穏やかになりコントロールが楽になる。

逆に0度に近づけていくと、グリップに限界は高まる傾向にありますが限界を
超えたときの滑り出しは若干唐突になる。

キャンバー角は0度〜ネガティブ3度程度の範囲で調整する。

コントロールタイヤなどでグリップが低いものを使うときにはあらかじめ角度を
決めるのではなく、フルロールしたときにキャンバー角が0度になるように設定する方法もある。

※セッティングカテゴリーの記事は自分用のメモのようなものなのであしからず。

JUGEMテーマ:電動RCカー



リバウンドストローク

リバウンドストロークが多いとサスよく動くので、グリップが低ければ安定性が高まるが、
ハイグリップ路面では車体の姿勢変化が大きくなるので、コーナリング中に巻いたりする。

リバウンドはフロントを多めにすればオーバーに少なめにすればアンダーに。
リアのストロークを多めにすると走行安定性が高まる。

ツーリングでは3mmを基本に±2mmが一般的のようです。

リバウンドの調整方法はロアアームのイモネジを回して調整します。
ドループゲージやドループゲージ用のブロックがあるとより正確に調整できます。
ドループゲージ&ブロック

平らな所にドループゲージ用のブロックを置きその上にマシンをのせ、ドループの値を測る。
ドループ計測

左右を同じ値に設定する。
リバウンド調整

リバウンドの測り方はいろいろなWEBサイトに掲載されていますので簡単に説明します。
平らな場所に置いた車体を徐々に持ち上げて、路面からタイヤが離れないギリギリの高さの車高を測定。
この値から通常時の車高を引いた値がリバウンドストロークになります。

※セッティングカテゴリーの記事は自分用のメモのようなものなのであしからず。

JUGEMテーマ:電動RCカー



ダンパー取り付け位置

ダンパーステーにはいくつかの穴があって、ダンパーの取り付け位置を
変えることにより、ダンパーの固さの微調整ができる。

ダンパーを寝かす。 = ダンパーを柔らかくする。
ダンパーを立てる。 = ダンパーを固くする。

※セッティングカテゴリーの記事は自分用のメモのようなものなのであしからず。


JUGEMテーマ:電動RCカー



ダンパーオイル

基本的な考えとしてマシンが走行することで起こるロールや路面の凸凹等による
姿勢の変化に対してダンパースプリングは元の姿勢に戻そうと伸び縮みをするが、
ダンパーオイルは短時間で姿勢を戻せるようにスプリングの動きを補助する。

ダンパーセッティングはまずスプリングを変更し、動きをみてオイルを変えるのがセオリーのようです。

オイル選びの基本は下記のようです。
---------------------------------------------------------------------------------
■固めのオイル
フラットな路面で走らせるときはマシンの反応がよりダイレクトになる。

■柔らかめのオイル
マシンのロールが大きくなってグリップ感が高まる。凸凹路面等の時は良。
---------------------------------------------------------------------------------

またシリコンオイルの粘度は気温によっても変わるので、気温が低い場合には
柔らかめ、高い場合には固めのオイルを選ぶことで、一定のコンディションを保つことができる。

まずは標準番手を使い(タミヤなら400番)固くしたり柔らかくしたりするのが良いようです。

※セッティングカテゴリーの記事は自分用のメモのようなものなのであしからず。

JUGEMテーマ:電動RCカー



スタビライザー

スタビライザーの役割と調整方法を調べてみました。

基本的な考え方は大きくロールを変更する場合はダンパースプリングを変えて微調整をスタビで行うようです。

例えばロールを減らす場合、一段階ハードなスプリングに変えてロールが減り過ぎた場合は
元のスプリングに戻してスタビライザーを一段階ハードなものにする。

スタビの効き具合の調整ですが、左右でなかなか揃わず諦めている方も多いのではないかと思います。
自分もそうでした。

雑誌の記事等を参考に試行錯誤して自分なりのベスト調整法を決めました。
スタビライザー調整方法
まずマシンのダンパーをはずし平らな所に置く(あらかじめドループを揃えておくと良いかと思う)
上記の写真のように片方のアームを持ち上げ逆側のアームが動き出すポイントの数値を測る。

下記は実際に測った数値です。
スタビアームの長さによるロアアームの動き方の変化

数値から動き出しの遅い方のスタビアームの長さを伸ばすと比較的揃えやすいと思います。
スタビアームの長さを伸ばして行くと動き出しの遅い方のアームがの動き出しが早くなり、
同時に動き出しの早い方のアームの動き出しが遅くなりバランスが取れていきます。

表からもわかるようにスタビアームを伸ばし過ぎると左右の動き出しの早さが逆転してしまいます。

ちなみに左右の動き出し方を揃えつつ、動き出しの早さ遅さを調整する術はまだ見いだせていません。
検証を続け見つかりしだい記載したいと思います。

※補足
スプリングの交換がロールの量と加速・減速時等に発生する前後方向のゆれ(ピッチング)
の量の両方に影響するのに対し、スタビライザーはロール量のみを制限できるので
ロール量を抑え、ハンドリングをシャープにしたい時などに用いる。

※セッティングカテゴリーの記事は自分用のメモのようなものなのであしからず。

JUGEMテーマ:電動RCカー



タミチャレ@稲毛ガレージT&F vol.8

稲毛ガレージT&Fのタミチャレ vol.8(公式戦6回目)に参加してきました。
今回もBグループでのエントリーです。Aグループにあがるには優勝かつ10秒台で走ることが条件です。

アウディ

急遽都合がつき参加できることになったため事前の準備ができませんでした。
とはいってもタミグラ前にある程度メンテはしてあったので車は大丈夫ですが
タイヤが程度の悪い中古が2セットしかありません。
サーキットで買おうと思ってましたがあいにくの在庫切れ。

練習ではグリップ感はまあまあ良さそうだったのでそのままいきます。

■予選1
F400ミディアム スタビミディアム ギヤデフ100000
R400ミディアム スタビソフト ギヤデフ800
足回りのセットは前回のタミグラのままで走ります。
前列スタートでからみなく走り出します。
今回もミス無く行くのが目標。集中力を鍛えます。
クラッシュなく走りきり、ヒート3位ゴール。
ベストラップは11.108。目標の10秒台までもう少し。
タイム

■予選2
ベストラップをあげるべく少しパーツの入れ替えをしました。
まずフロントのギアデフをスプールに。
以前試したときはまるで駄目でしたか、今回はうそのように良く走ります。
リアのダンパー角度を一段立ててコーナリングスピードの上昇を目論見ます。
そしてウラブタをカーボンに。剛性をあげ車が前に出るのを期待します。

後列スタートでしたので様子見スタートな感じでいきましたが
それでも今回は絡みました。ですが車はとてもいい感じ!
またもや三位ゴール。ベストラップは11.078。目標は目前ですが最後の壁は高いです。
タイム

決勝前での練習ではベストラップ11.042。
どうしても10秒台にはいれません。


■決勝
8分間の長旅です。予選1位でした。
操縦台にあがるとちょっとドキドキ・・・
そういえばポールトゥウインがかかったスタートははじめて・・・
なんか緊張してきました。

そしてスタート!大きな絡み無く抜け出せました。
ですが緊張のせいか手が震えます。全然攻めることができません。
攻めることができないので、とにかくミス無くいくしかありません。
震える手を押さえながらの操縦。しかも4分過ぎたあたりがタイヤが遂に限界に。
ちょっとグリップが希薄な感じになってきました・・・
とにかく集中。出せる限りの集中力をもってして8分間逃げ切りました。
長かった・・・



■総括
その後Aクラスに勝ち上がりレースをしましたが、Bクラスの決勝で出し切ってしまったので
皆さんの邪魔をしないで走るのが精一杯。ダントツのビリケツでした。
出場者の多くがアウディボディでカーボンロアデッキで剛性をあげて走っていました。
ここのサーキットはグリップが高いのでカーボン06もカーボン混入でも問題ないようです。

Bクラスの決勝ベストラップも決してよくはありませんが、一度もミス無く走れたので勝てたのかと。
その意味での目標は達成できたと思います。

■追伸
オーナーのいっとくさんが喉の調子が悪く、兄弟でRCを楽しむ常連さんが
急遽レースアナウンスの代役をかって出てくれました。
いつもとはひと味違う感じで、とても上手に楽しくレースを盛り上げてくれました。

そしてそんな楽しい遊び場ガレージT&Fは11月27日を持って閉店になるそうです。
思い出のサーキットがまたひとつ無くなってしまうのは寂しい限りですね。

今回もとても楽しめました!ガレージT&Fで楽しむ時間は残り少なくなりましたが
閉店まで何度か足を運びたいと思います。
ありがとうございました。

ご夫妻でRCを楽しむ常連さんのマシンと記念撮影。

ここのサーキットはアットホームな雰囲気で、友達とはもちろん、ひとりで行っても
楽しめるのでほんとになくなってしまうのは残念です。


タミグラ@五反田TOC3

2012年8月11日(土)タミグラ五反田全日本に参加してきました。
タミグラ五反田全日本
今回もエントリークラスはGPX-CL2です。

TA06
■練習走行
前回稲毛で試したセットでアウディで走り出しです。
F400ミディアム スタビミディアム ギヤデフ100000
R400ミディアム スタビソフト ギヤデフ800
リアが巻いて握れませんが、前回のタミグラよりは若干マシな感じです。

フェラーリ599XX
■予選1
ボディをフェラーリに変えてトライ。
スタートうまく抜け出しました。
一回軽く接触でロスするもの無難に走れ
11周を2:10.935。総合で9番手。
まだ若干巻いているような感じがしました。

■予選2
路面が上がったんではないかとの予測をたて
再びボディをアウディに変えましたがこれが失敗。
かなり巻いてしまい、タイムを落とします。
スタートでクラッシュ。最下位に落ちたり、中盤での絡みもあり
10周を2:04.332。総合で14番手。決勝はBメインスタートです。
ちなみにこれまでギヤ比をMAXよりひとつ落とした23枚を
使っていましたが、このヒートより24枚にあげました。

■決勝
外人枠の方がひとりいたのでBメインの4番手スタートです。
再度ボディをフェラーリに戻しました。
激しく絡むことなく抜け出せ淡々と走れました。
前方で何台か転んでいて気づけば2位ゴール。
ミスなく走れたので良しとします。

■総括
全体を通してもう少しアンダー方向に車を持って行ってもよかったかもしれません。
この会場ではフェラーリのボディが相性がよく次回は決め打ちしようかと思います。
いっしょにレースに出た友人がスプールがとても良いといっていたので
次回のタミグラまでにぜひテストをしようと思います。

■おまけ
TRF
GPX-TRFはNSXワンメイクのようでした。
ハイレベルなバトルで楽しませてもらいました。
いつかはあんなふうに走りたいもんですね。
今回もとても楽しめました!ありがとうございました


ロールセンター(バルクヘッド・ハブキャリア・サスマウントスペーサーとの因果関係)

ロールセンターとは通常、車の重心より下にあり、
重心とロールセンターの距離が離れている程ロール量が大きくなる。

ロールセンターのさらに詳しい理論は様々なWEBサイトに掲載されていますが、
ライトユーザー(自分)向けに早見表を作成してみました。

ロールセンター

ロールセンター高-------------------------------------------------------

・ロール 少
・初期反応 多
・メカニカルグリップ 少

加重移動が少ないので、キビキビした特性になるが、タイヤグリップに頼った
コーナリングになる。ハイグリップ路面や、切り返しなどで初期反応の強い
特性が求められるときは、ロールセンターを上げる。

また、重心位置が高く、ハイサイドしやすいマシンなども、沈み込みが少なく
なるので、転倒には強くなる。
-----------------------------------------------------------------------

ロールセンター低-------------------------------------------------------

・ロール 多
・初期反応 少
・メカニカルグリップ 多

コーナーアウト側への沈み込みは大きくなり、タイヤの面圧を上げることが
出来る。高速のコーナーなどで確実なグリップを確保できる。
ステアリングの切り始めに加重移動のピークが来ないので、初期反応は鈍く
なるが、サスを堅くセットすることでその鈍さをカバーできる。
-----------------------------------------------------------------------

フロントのロールセンター低くした場合-----------------------------------
スロットルを入れた時の曲がりが増える。
初期反応が下がる
フロントの左右の加重移動が減り、グリップは向上する。
シャーシのロールが増える。
-----------------------------------------------------------------------

フロントのロールセンターを高くした場合---------------------------------
スロットルを入れた時の曲がりが減る。
初期反応が上がる。
フロントの左右の加重移動が増え、グリップが減少します。
ハイグリップ路面でのハイサイド回避にはロールセンターを高くする。
テクニカルコースで有効。
-----------------------------------------------------------------------

リアのロールセンターを低くした場合-------------------------------------
スロットルオンの時のグリップが増す。
リアの左右の加重移動が減り、グリップが増す。
シャーシのロールが増えます。
低グリップ路面で有効。
-----------------------------------------------------------------------

リアのロールセンターを高くした場合-------------------------------------
スロットルオンの時のグリップが減少する。
リアの左右の加重移動が増加し、グリップが減る。
車の反応が良くなる。
シャーシのロールが減る。
ハイグリップ路面のコーナーの後半のハイサイドを回避に有効。
テクニカルコースで有効。
-----------------------------------------------------------------------

リアアッパーアームの
リアアップライト側のスペーサーを減らしていくと
リアグリップが高くなるがタイヤが減りやすく
増やすとタイヤは長持ちするがグリップは落ちる

リアアッパーアームの
バルク側のスペーサーを減らすと曲がりやすく(ドライブが楽)になる
増やすとリアのグリップが上がる


※セッティングカテゴリーの記事は自分用のメモのようなものなのであしからず。
 
JUGEMテーマ:電動RCカー

 

タミグラ練習

稲毛ガレージT&Fに行ってきました。

次回のタミグラ東京で充電が禁止になったのもあって
少し肩の力を抜いてRCを楽しもうかなと思い始めています。

今回は前回のタミグラでせっかくつくったのに出番がなかった
アウディボディに慣れるべく走りこんできました。
慣れてくるとかなりの安定感を感じることができました。
フェラーリよりも頭が入りコーナーもナイスです。

GPX-CL2フェラーリ

GPX-CLアウディ

センサー付き10.5T リフェ2200
ダンパーF400ミディアム スタビミディアム R400ミディアム スタビソフト
フロントギヤデフ オイル100.000 リアギヤデフ 鉱物系オイル800

こんな感じで無難に走りました。
もうタイムを追い求めるのはやめようかと思いポンダーは積まずに走りました。
このクラスの速さに慣れてくると今までにはない快感を覚えやみつきになりそうになっております。



にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事





コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM